注文住宅の部屋干しの方法とは?ランドリールームが必要?

注文住宅に便利な部屋干しを使いたいと思う方も多いのではないでしょうか?

注文住宅に部屋干しを取り入れる方が多くいらっしゃいます。また、専用のランドリースペースを準備する方も増えてきました。

ただし、面積的に限りがあるので、洗面脱衣場を仮干し用に部屋干しを採用する方もいらっしゃいますし、リビングの南面に部屋に干す用に部屋干しを取り入れる方もいらっしゃいます。

また、部屋干し用の器具(竿)を取り扱うメーカーは様々ありますが、どのメーカーがおすすめなのでしょうか?

この記事では、部屋干しを取り扱うメーカーのご紹介や用途別(部屋別)のおすすめ等をご紹介します。

主婦
せっかく注文住宅を建てるのなら、便利で使い勝手が良いランドリールーム(部屋干し)にしたいわ♪♪

ランドリールーム(部屋干し)の注意点

奥様にとってランドリールーム(部屋干し)は重要な意味のあるお部屋です。

単に洗濯して干して終わりという訳ではありません。

洗濯機を置いて、物干しスペースを確保して、アイロンや畳んだりの作業もこなします。
また、奥様専用のお部屋をつくることは難しくてもランドリールームであれば可能です。

一人になりたい時に活用するスペースや、今日はちょっと片付けできないという日には一時置き場としても活用できます。

奥様の癒しの意味があるお部屋なので、単に作業をする部屋ではなく、リラックスできる空間をつくってあげる必要があります

部屋干しで失敗するパターン

ランドリールームに憧れてつくったけど、失敗したという人も少なくありません。

癒しの空間にしなければいけませんが、大前提として機能的であることです。

スムーズに洗濯機を回し、スムーズに干せる。畳む、アイロンがけ等がスムーズに行える動線や広さが確保されていなければ意味がありません。

広さの目安として、最低でも2畳(1坪)分のスペースが必要です。動線は、設置する位置関係を考慮して決めます。また、部屋干しするので、日当たりや、除湿機や乾燥機が必要になる場合もあります。

ランドリールームの位置も重要で、その他水回りから遠すぎると、使いにくいお部屋になります。
※キッチンから凄く離れている等など・・・

部屋干し間取り作成時のポイント


ランドリールーム(部屋干し)を良い場所にと考えると、風通しや日当たりが良い南面がベストですが、最も良い場所をランドリールームにしてしまって良いのか?という問題が発生します。

必要な場所に必要な面積をとることが正しい注文住宅の建て方です。

家族と十分話し合いをしてバランスの取れた間取りを作成しましょう。

万が一、土地形状や建坪の関係上、ランドリールームが難しいようであれば、諦めるという選択が必要かもしれません。

管理人
無理して、使いにくいランドリールームをつくるぐらいなら諦めた方が良い場合もあります。

その場合は既存のお部屋を使って部屋干しを実現させましょう。

ランドリールームが向かない人とは?

ランドリールームに憧れる人も多くいらっしゃいますが、ランドリールームを上手く活用できない方もいらっしゃいます。

  • 納戸扱いしてしまう
  • 遠くて使いにくい・・・
  • 整理整頓ができない

失敗の多くは、整理整頓ができなくて、物が乱雑に置かれて、ごちゃごちゃした納戸みたいな使い方をしてしまう方がいます。
また、使い勝手が悪くて、作業効率が落ちてしまう場合もあります。

整理整頓が苦手な方や、部屋と部屋を行き来することを面倒だと感じるような人にはお勧めできません。

スペースを有効活用して部屋干しする場合

間取りの都合上、ランドリースペースを確保できない場合もあります。

その場合は、洗面脱衣場やLDKに室内物干しを設置することをおすすめします。

洗面脱衣場に室内干し設置する意味

洗面脱衣場に室内物干しを設置する主な理由は、仮干しや本干しです。

最近は、浴室に24時間換気や浴室換気乾燥機を付ける住宅が増えています。天気が悪い日などは、浴室に干すという人も多いのではないでしょうか?

そんな時に、洗面脱衣場に室内物干しがあれば、大変便利です。

浴室に干す前の仮干しに使うことも可能ですし、変則的な生活を送っている方などは、入浴時に洗濯物が干してあるということも考えられます。室内物干しがあれば、入浴前に避難させることもできます。

LDKに室内干しを設置する意味

南面にあるLDKに室内物干しを設置する人も多いようです。

外に干す場所もあるし、浴室換気乾燥機もあるけど、室内で日の光を当てて乾かしたいと考える人も多くいらっしゃいます。

お出かけするときや、少しの量を干すときなど等。

逆に、LDKがごちゃごちゃするから、LDKには干したくないという方もいらっしゃいます。

それぞれの場所に一長一短ありますので、ご自分の生活スタイルに合わせて選ぶと良いでしょう。

それでは、次は、各メーカーの室内物干しユニットをご紹介します。

パナソニック ホシ姫サマ

【パナソニック公式HPより引用http://sumai.panasonic.jp/】

パナソニックのホシ姫サマです。

電動タイプと手動タイプがあります。予算に余裕があるなら電動タイプを選ぶ方が多いようです。

個人的な意見としては、手動でも1秒ぐらいで上げ下げできるので、わざわざ電源を取る必要はないと思います。
電動タイプにして壊れてしまうと意味がないですし、修理代を払うのが馬鹿らしいと感じるからです。

【パナソニック公式HPより引用http://sumai.panasonic.jp/】

【パナソニック公式HPより引用http://sumai.panasonic.jp/】

電動も手動もどちらも、壁付けタイプと天井吊りタイプがあります。
用途や壁の位置関係などを考慮して選びます。

楽天市場で1万円弱の金額で手に入るので、自分で購入して大工さんに取り付けてもらえば安く済むかもしれません。

【注意点】
天井付け、壁付け、どちらも下地が入っていないと取り付けができない場合があります。
石膏ボードを張る前に下地を入れないといけないので、その前に住宅会社へ相談しておきましょう。

川口技研

【川口技研公式HPより引用https://www.kawaguchigiken.co.jp/】

室内物干しと言えば川口技研というぐらい有名なメーカーです。

すっきりとしたデザインと、竿のスマートな見た目が好評で、多くの注文住宅で取り入れられています。
取り付けスパン等を自由にできる反面、完全に収納するなら天井からぶら下がっている棒を取り外す必要があります。

また、天井埋め込みで昇降式(手動)のタイプの商品もありますが、ひもで引くタイプではなくくるくると回して昇降させるので面倒に感じる人もいらっしゃいます。

【川口技研公式HPより引用https://www.kawaguchigiken.co.jp/】

川口技研の商品も上記画像のように楽天で売られていますので、施主支給すると安くで取り付けできる可能性もあります。

番外編!クリナップのホットウォールもおすすめ

【公式HPより引用https://www.cleanup.jp/】

室内物干しとは、話しが変わりますが、クリナップのホットウォールがとても良い商品だなぁと思っています。

室内をじんわり暖めてくれますし、タオル掛けが2本ついているので、バスマット等の収納と乾燥を兼ねることができるのもお勧めポイントです。

また、入りタイマー切りタイマーが2パターンあるので、朝8時にスイッチが入って11時に切りタイマーが作動、夜7時に入りタイマーが入り、10時に切りタイマーが作動という使い方ができます。

1日に6時間使ったとしても、1日当たりの電気代金が32.5円と大変お得です。

無音、無風、無臭なので、安心して使うことができます。

久々に本当におすすめだなぁと思った商品です。是非、ご検討下さい。

●こちらもご参考下さい。
【注文住宅】最適な玄関の広さとは?ウォークインが便利?!
注文住宅のオプション良かったランキング!相場は?
おしゃれなローコスト住宅ならここで決まり!!

複数社から見積もりは家づくりの第一歩

相見積もりは家づくりの第一歩です。

見積書を見比べることで、分かってくることが沢山あります。
分からないことが分からないという状況ではありませんか?

これから家づくりを始める方だけでなく、契約直前という方も少しだけ立ち止まり、改めて見積もりを依頼してみませんか?

私がおすすめしている一括見積りサイトは、「タウンライフ家づくり」です。
タウンライフ家づくりは、実績も多く安心して利用できるサイトです。

また、土地をお探しの方には、非公開物件の提案もあります。

ただし、どんな会社でも登録できる訳ではないので、お住まいの地域によっては登録会社数が極端に少ない場合があります。公式HPで確認できるので、一度ご確認下さい。

タウンライフ家づくりはこちらから
※今だけ毎月99名様に「成功する家づくり7つの法則」がプレゼント中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1983年生まれ、子ども3人の5人家族です。建築関係の仕事をしているので当サイトを立ち上げました。趣味はゴルフ、サッカー、スポーツ観戦です。好きな建材メーカーはパナソニック、床は朝日ウッドテック、水廻りはクリナップ、タカラです。よろしくお願い致します。