【安い注文住宅】ローコスト住宅のリスクとは?ランキングもご紹介

出来るだけ安くて品質が良い(おしゃれ・かっこいい)注文住宅を建てたいと思っていても、ローコスト住宅で失敗した後悔したという声を聞くこともあり、不安に感じている人も多いのではないでしょうか?

この記事では、注文住宅を安い値段で建てられるのか?ローコスト住宅にリスクは無いのか?について解説します。

主婦
安くて良い家に住めれば一番良いけど、欠陥住宅にならないか不安だわ・・・
管理人
ローコスト住宅の全てが危険というわけではありません。
正しい知識を元に正しくコストダウンしていけば品質の良いローコスト住宅が実現できます。

安いハウスメーカーランキングをご紹介

【アイダ設計公式HPより引用http://www.aidagroup.co.jp/】

【第一位】
アイダ設計

坪単価→25万円~30万円

アイダ設計は、全国22都道府県で営業展開している中堅ハウスメーカーです。
アイダ設計の公式HPを確認すると、「正直価格」というキャッチフレーズを全面に打ち出しています。
※アイダ設計公式HPより引用:「正直なご説明と正直なお見積りで、誠実な家づくりをご提案」

また、価格面だけでなく、自社プレカット工場を保有することで、品質の確保とコストカットを行っています。品質面では、震度7の耐震実験を実施したり、第三者機関による品質チェック、建物35年保証やアフターサービスを実施することで、品質を担保しているようです。

アイダ設計公式HPはこちらから


【ゼロキューブ公式HPより引用https://lifelabel.jp/】

【第二位】
ゼロキューブ

坪単価→25万円~50万円

ゼロキューブは大分県が本社です。フランチャイズ展開で施工エリアを拡大しています。
シンプルな四角い家が基本の作りで外壁にはガルバニウム鋼板が使われています。

若い世代を中心に人気を集めています。人気の秘密は、価格の安さとその雰囲気。おしゃれで毎日が楽しく過ごせそうな空間作りが特徴です。

ゼロキューブ公式HPはこちらから



【第三位】
タマホーム

坪単価→25万円~50万円

少し前のタマホームは、初期見積りは安くても、追加工事を積み重ねて気がつけば高額になっていた等のクレームが多く有りました
現在は、クレームの数が多すぎたのか、初期見積りで「常識を逸脱した安さ」を提示することは無いようです。

タマホームの最低坪単価が25万円になっていますが、概ね30万円~50万円前後と思ってよいでしょう。

タマホーム公式HPはこちらから

●その他にもローコスト住宅を手がけるハウスメーカーは一覧でご確認下さい。
注文住宅のランキングと坪単価!独自調査の結果を発表!

ローコスト住宅のリスクとは?

ローコスト住宅にはリスクはあるのか?

リスクの考え方ですが、2通りのリスクがあります。

  • 生活が不便になるリスク
  • 生活ができなくなるリスク
主婦
生活できなくなるリスクって怖いわ・・・欠陥住宅ってこと?

生活が不便なリスクとは?

ローコスト住宅には削れる予算を削っていくという考え方があります。

例えば、断熱性能を落としたり、外壁材、水廻り、建具、床材をシリーズ化して安くする等の方法が一般的です。
必要以上に性能を落としていくと、冬寒くて、夏暑い等、暮らしにくい家になることもあります。

また、できる限り建物形状を規格化し、間取りをシンプルにすることも多いので、導線が使いにくかったり、自分らしさに欠けるどこか似たり寄ったりの家になる事もあります。

こういった暮らしやすさに関するリスクはある程度、理解の上で建築するのであればOKです。

管理人
最近は高気密高断熱が当たり前ですが、暖かい気候の地域の方(九州の方等)で予算が厳しいようなら削っても良いのではないかと思います。
主婦
なるほど!
削ってもOKな部分とこだわりたい部分を明確にしておくと良いのね♪♪

生活ができなくなるリスク

怖いのは生活ができなくなるリスクです。

俗に言う「欠陥住宅」です。

欠陥住宅とは、法令等の基準を満たしていない住宅、図面のとおりに施工されていない住宅、安全性・快適性・使用性などの観点から居住等に支障を来たす住宅のことを言います。
※引用:ウィキペディア

配筋検査や金物検査、完了検査等の必ず必要な検査があるので、法令上の基準を満たしていない住宅が多いわけではありませんが、見えない部分の手を抜いたり、間違った方法で施工しているケース等もあります。

間違った施工を行うと、耐震性や雨漏り、家のゆがみ等につながり、安心して暮らすことができません。
ここでは具体的な名前を出す訳にはいきませんが、ネットなどの情報を集めれば、自然と分かるはずです。

全国展開しているような大手ハウスメーカーでも、危ない会社はありますので十分にご注意下さい。

安全・高品質のローコスト住宅はないのか?

企業努力の結果、ローコスト住宅の提供に成功している会社は沢山あります。
大手ハウスメーカーから地元の工務店まで様々。

広告費や人件費をできるだけ縮小し、建物を規格化しコストを下げている。そんな住宅会社を選ぶと高品質のローコスト住宅が実現できます。

自分では判断できない方へ!!

自分では優良住宅会社の判断ができないという方には、「タウンライフ家作り」というサイトをご紹介しています。
厳格な国家基準をクリアした信頼できる住宅会社のみが登録しているサイトです。

一括見積りを請求するだけで、数百万円(事例で490万円)下がったこともあります。
興味がある方は是非、チェックしてみてください。

ただし、どんな会社でも登録できる訳ではないので、お住まいの地域によっては登録会社数が極端に少ない場合があります。公式HPで確認できるので、一度ご確認下さい。

タウンライフ家づくりはこちらから
※いまだけ先着順で毎月99名様に「成功する家づくり7つの法則」をプレゼント中です。

こちらの記事でも見積りの重要性をお伝えしていますのでご参考ください

●こちらもご参考下さい。
え??注文住宅って値引きできるの?タイミングや相場とは?
注文住宅で節約する方法とは?無駄な出費で損しますか?
注文住宅を安くておしゃれに建てたい!そんな願いを叶えます。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    1983年生まれ、子ども3人の5人家族です。建築関係の仕事をしているので当サイトを立ち上げました。趣味はゴルフ、サッカー、スポーツ観戦です。好きな建材メーカーはパナソニック、床は朝日ウッドテック、水廻りはクリナップ、タカラです。よろしくお願い致します。