え??注文住宅って値引きできるの?タイミングや相場とは?

色々理想を詰め込んでいくと、あっけなく予算オーバー!
これは、注文住宅の悲しいあるある話ではないでしょうか。

でも、理想の注文住宅を諦めたくない!グレードは落としたくない!というあなた。
最終的な方法は、もう「値引き交渉」しかないのでは?

「え、注文住宅って値引きできるの?」とお思いかもしれませんが、注文住宅も値引きは可能です。

ただし、タイミングが大切ですから、いつでも、またいくらでも値引きできるという訳ではありません。

本記事では注文住宅の値引きについて、そして値引きのタイミングや相場についてご説明します。

憧れの注文住宅、わがままを全部詰め込みたい!という方、必見です!

注文住宅は値引きできるのか?

値引きできるイメージが少ない注文住宅ですが、値引きすることは可能です。
特に、大手ハウスメーカーの注文住宅であれば、値引きしやすいと思って構いません。

ただし「やった!」と手放しで喜ぶのはちょっと待ってください。

注文住宅は、建売住宅や普段の買い物のように「これだけ値引きしてください」といった交渉ができるわけではありません。

まずは注文住宅も値引きができるけれど、方法が大切ということだけを理解しておいてください。

注文住宅の値引きのタイミングとは?

注文住宅の場合重要になるのが、値引きを依頼するタイミングです。
ここ、一番重要です。

「契約するまで」でなければいけません。

契約後にいくら交渉しても、ほぼ100%値引きはしてもらえないと思った方が良いでしょう。

その理由は「契約をした人=確実にお金が取れる」ためです。
これ以上サービスをしたとしても、ハウスメーカー側には何のメリットもありません。

だからこそ契約前にどれだけ値引き交渉ができるか、その部分に全てがかかっているといっても過言ではないのです。

契約を結ぶ前に

  • 打ち合わせ
  • 間取りや見積もりの作成
  • 詳細に関する質問に対する回答

など、ハウスメーカーの担当者さんはたくさんの仕事をこなしています。
しかし、契約がとれなければ、今までの苦労は水の泡となってしまいます。
それはそうですよね。
契約がとれない=利益はゼロです。

「少しくらい値引きをしてもいいから契約して欲しい」と思っているところにうまくPRすることでお互いにとってメリットがあると考えると、なかなかいい案ではないでしょうか。

ただし、注文住宅の値引き交渉をするのは、本当に依頼したいと思っているハウスメーカーさんだけにしましょう。

「もう1社見積もりをとっていて、そちらはこんな条件で言っている。でも、できればあなたのところでお願いしたい。これ以外の条件は、全てあなたの会社の方が良い」といった内容を真剣に伝えてみてください。

あくまで「あと一押し!」という部分が重要となります。

何度も使える手ではありませんが、最後の一押しの奥の手としてお使いください。

注文住宅の値引きの相場とは?

注文住宅は、建売と違い値引きの相場を出すことが難しいと言えます。一棟一棟価格も異なるため、必ずどこまでなら大丈夫だと言い切ることはできません。

しかし、ハウスメーカーの場合ひとつの目安として200万という金額が言われています。
建築費の1割以下を基準として、値引き交渉をするように心がけましょう。

値引きをするデメリットは?

ここで1点、値引きをするデメリットについてお伝えしておきましょう。
値引き=手抜き工事の可能性を感じて不安になる人がいるかもしれませんが、基本的にハウスメーカーの場合、多少の値引きは最初から計算に入れていることが多いです。

また、どうしても無理な場合は無理だと断られますので、あまり神経質になる必要はありません。

ただし、ハウスメーカー以外の建築家や工務店には値引き交渉をしない方が無難です。値引きをするという概念自体がない建築家や工務店も多く、気分を害させてしまう可能性が高いです。

まとめ

本記事では、注文住宅の値引きについてご説明しました。

「建売住宅は値引きできても、注文住宅の値引きは無理だと思っていた!」という声が多いほど、注文住宅の値引きができることはあまり知られていません。

しかし

  • 依頼先がハウスメーカーであること
  • 契約前のタイミングであること
  • 値引き希望金額が建築料金の1割以下であること

の3つの条件を満たしていれば、高い確率で値引きが成功するはずです。

注文住宅は高い買い物です。可能であれば、値引きして欲しいと思うのも無理はありません。
もちろん、相手も仕事ですから、無茶苦茶なお願いには答えてもらえないでしょうが、それまでのやりとりや信頼関係によっては「少し頑張って契約してもらおう」と思ったりするものです。

「もし値引きが無理でも、このハウスメーカーに依頼したい」と心が決まっているのであれば、ダメ元で値引きを依頼してみましょう。

お願いしたいという思いが伝われば、値引き成功の可能性はグッとUPします。

予算内で、そして自分が希望する注文住宅を建てるためにも、今回ご紹介したテクニックをぜひ活用してみてください。

値引き前に相見積もり!

そもそも相場が分かっていなければ、値引きすることもできません。
出来るだけ多くの住宅会社から見積りをとり、比較検討することが必要です。

値引きに成功しても、他社を知らなければ大きな損をしてしまう可能性だってあります。

また、土地をお探しの方には、非公開物件の提案もあります。

管理人がおすすめする見積りサイトはこちらです。
タウンライフ家作り
※いまだけ、先着99名様に「成功する家作り7つの法則」プレゼント中♪♪

※ただし、どんな会社でも登録できる訳ではないので、お住まいの地域によっては登録会社数が極端に少ない場合があります。公式HPで確認できるので、一度ご確認下さい。

●こちらもご参考下さい。
【安い注文住宅】ローコスト住宅のリスクとは?ランキングもご紹介
注文住宅の費用の内訳や割合・総額は?実例をご紹介します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1983年生まれ、子ども3人の5人家族です。建築関係の仕事をしているので当サイトを立ち上げました。趣味はゴルフ、サッカー、スポーツ観戦です。好きな建材メーカーはパナソニック、床は朝日ウッドテック、水廻りはクリナップ、タカラです。よろしくお願い致します。